携帯電話に西原良三さんが思うこと

バナー

携帯電話に西原良三さんが思うこと

現在の携帯電話の主流はスマートフォンです。時々、二つ折りのガラケーを使っている方もいます。
西原良三さんはスマートフォンを利用しています。使い勝手が良く、仕事にプライベートにと西原良三さんはスマートフォンを活用しています。
予定の管理や調べ物、音楽も聞けたり暇も潰せるスマートフォンはもはや手放せない存在です。

西原良三さんは携帯電話に思うことがあります。それは昔の携帯電話が何かしらの形で復活して欲しいと願っています。
今の携帯電話は昔よりもはるかに便利です。ですがデザイン面では15年ほど前が面白かったと西原良三さんは思っています。
二つ折り携帯があったりストレートタイプがあったり、その他にも色んな形の携帯電話がありました。
西原良三さんは昔は性能だけでなく見た目でも携帯電話を選んでいました。 個性が強過ぎる携帯電話は使っておらず、「いつか使ってみたい」と思ったまま月日が経っていました。 そして気が付けば、同じ形をしたスマートフォンがすっかり普及しました。

最近、ファミコンがミニサイズになって新しく発売されるという話を西原良三さんは聞きました。 昔懐かしいファミコンが現代の技術で蘇り、遊べるようになるのです。
それを見て、西原良三さんは携帯電話でもこういったことが出来るのではないか?と考えました。

外観は昔の携帯電話でも中身が今のスマートフォンと同じになっていたり、外観は携帯電話で中身はボイスレコーダーや音楽プレイヤーとして使える。 そういった商品が出れば西原良三さんは是非使いたいと思っています。

西原良三さんは現代の携帯電話も非常に使いやすくていいと思っています。ですが個性豊かだった昔の携帯電話も好きです。
せっかくデザインも豊富にあったのだからこそ、何かしらの形でまた使えるようになったらと西原良三さんは考えています。 もし何かしらの形で昔の携帯電話のデザインの商品が出たら、自分が以前使っていたタイプと使ってみたかったタイプの2種類を購入しようと考えています。

Copyright (C) 2016 携帯電話に西原良三さんが思うこと All Rights Reserved.